Menu

家族葬を上げるうえでのルールとは

冠婚葬祭は特に礼儀やマナー、ルールが要求されますが、家族の移り変わりと共に変化しつつあります。家族葬も今の時代に合う葬儀として認識されつつありますが、きちんとルールを理解しておかないといけません。コンパクトかつ費用も安い葬儀として定着しつつあるのですが、呼ぶ人数は多くても30名ほどです。場合によっては親族、家族のみで他の方は呼ばない事もあります。まだまだ最近の葬儀の形として選ぶ家族が増えつつある中で、「どこまで呼ぶのか」「呼ばないのか」や、これまでの葬儀と同じような感覚でやろうとして話が進まなかったりする事もあるので、きちんと家族間で話し合う事が大切です。その上で、周囲の理解も得られるように連絡の際には誠心誠意お伝えする事も必要になります。

同じ部分もあれば違う部分もあります

家族葬がこれまでの葬儀と違う部分としてよく挙げられるのは、人数や価格でしょう。これまでは家族だけでなく近所の方や会社関係の方なども多く呼んで、料理なども出してもてなしなどもしながら、本当に大変だったものです。極力呼ぶ方も絞り、それでいて香典や供花なども辞退をすることも増え、葬儀のみを執り行うというシンプルな形で行うというような違いがあります。進行の仕方自体はこれまでの葬儀と同じような流れで、お通夜や告別式、火葬などは行いますから、見ておくとどのように進めていけばいいのかと悩むことも少なくなります。プランとして取り扱う葬儀社も増えつつありますので、できる限り相談をする時間を取り、希望を形にしてくれるかどうかを比較しながら決めるようにしてください。

どのような葬儀会社から選ぶのか

費用を抑えられるというだけでなく、なるべく静かに過ごしたいというご遺族も多く、家族葬でしめやかに行うという事もあるでしょう。葬儀会社でもいろんなプランを打ち出しているので、事前に資料を取り寄せたり、相談をしておくのもおすすめです。特に検討しているけれども、どのように家族間で話し合うのか、他の方にどのように連絡していけばいいのか、慣れない葬儀の準備についてもアドバイスをくれたりするような会社であれば、とても依頼もしやすく安心できます。まだまだ家族葬についてはイメージばかりが先行し、知識や理解も足りずに結局これまでと変わらないような争議になってしまったという事も少なくありません。プラン内容や見積もり時の費用の確認、周囲への配慮などトータルに考えて選んでみて下さい。