Menu

家族葬を上げる時に気を付けないといけない所

葬儀の形態の多様化がみられる現代、人気を上げているのが家族葬です。家族葬とは家族や身近な親族などのみで行う小さなお葬式です。少子高齢化、核家族化、様々な分野での簡素が進むなど昔からの一般的なたくさんの人に参列してもらうお葬式が難しくなったこともあります。寿命が延びたことで、故人の知り合いや会社関係の方々との付き合いが少なくなった時期での寿命ということで、家族がその範囲の方々を把握できないことも大きな理由です。家族、近親者のみで行うお葬式は一見その小ささから寂しいもののように感じますが、実は小さいからこそそこに愛情や心がこもったお別れが出来る良さがあるのです。こうしたお葬式の形態の人気に伴い、各葬儀会社では小さなお葬式のプランを展開しています。

小さなお葬式のメリットについて

規模が小さいお葬式だからこその良さはとてもたくさんあります。それは、故人への愛情に満ちた人だけの空間となることで、そこに義理が存在せず、心を込めたその家族ならではのお別れの時間を過ごすことが出来ることです。故人の好きだった音楽や趣味に囲まれて故人を偲ぶことで、心行くまでのお別れができ、それによって遺族の心の整理がつきやすくなります。また、お葬式にかかる準備や、参列者への配慮をしなくていいことで遺族の大変さを軽減することが出来ます。また、小さな規模だからこそ費用面で安く済むことは、故人が生前に家族に大きな負担をかけたくないと希望することが多いものです。それぞれの家族がそれぞれのやり方で心のこもった温かいお別れの時間を過ごせることは、お葬式の意味として時代にマッチしていると言えるのです。

家族葬で気を付けることについて

家族葬は基本的に家族や身近な親族だけが出席します。そのため、遠い親戚や知人、会社関係の方々への事前の連絡をしておくことがのちのトラブルを回避できることにつながります。亡くなったこと、家族のみでのお葬式を執り行うこと、参列をお断りする旨を事前に知らせておくことで、それぞれが納得した形で心の中でお別れをすることができるのです。そして、その葬儀が終わった後には、参列しなかった方々が仏前にお線香をあげに来る方が多いことも考慮しておくことです。故人への挨拶、お礼、感謝を伝えたいと願う方を受け入れて、挨拶できる時間をとることは遺族として必要なことでもあります。お葬式前に連絡できなかった方には、落ち着いた段階であいさつ状などを送り、生前のお礼を伝えることも大切なことです。