Menu

意外と難しいい家族葬のルールは

家族葬の約束事は、執り行う側においても参列者側においても、基本的な内容は一般葬儀と大きく変わることはありません。ただ、葬儀自体が一般葬とは異なりごく身内のみで執り行うために配慮が必要な点があり、特に参列に関しては注意が必要となります。通常、選ばれるケースとしては、生前での故人の遺志や、遺族の故人への想いからがありますが、経済的な事情から行われる場合もあります。葬儀自体は豪華にする必要はありませんが、ここでは、故人を偲び心のこもった儀式を執り行うことが大切です。よくありがちものとしては飲食の場において、お酒が入ることで盛り上がってしまうことがあり、通夜式などにおいても、本来の意味を忘れてしまうような行為には十分に注意をする必要があります。

執り行う側が知っておきたいルールについて

執り行う側が難しい点としては訃報の連絡があり、ここでは、ルールとして家族葬で行うことをしっかりと相手に伝える必要があります。葬儀では訃報を聞くことですぐに弔問に訪れる人も多く、事前に伝えることが大切になります。最も難しい点としては、どこまでの人に参列依頼をするのかということがあります。形態としては少人数となるために、家族だけや、ごく近い親戚、また、故人と親しくしていた友人などに参列依頼をすることになりますが、依頼をしない人に説明が不十分などでは誤解を招くことにもなりかねず、快く思われないなど、後々まで禍根を残すことになってしまいます。ルールでは、葬儀後にも注意が必要になります。葬儀後は参列がかなわなかった人にも御礼状を送付する必要があり、ここでは、つつがなく葬儀が行われたことを報告することが大切です。

参列する側が知っておきたいルールについて

家族葬は残された家族が中心となって営まれます。まず、訃報の連絡を受けた場合には、例え親しくても参列依頼が無ければ儀式への参加は見合わせることが大切になります。参列をする場合には、近しい人のみであっても故人を弔う葬儀であることを意識しておく必要があり、服装は礼装で臨むことがルールとなります。通夜式においては準備をしていた意味合いになるために、通常、礼装は好ましくないとされており、ここでは、地味な、例えばグレー系の服装で臨むことが好ましい対応となります。家族葬の場合には、基本的には、遺族は香典を受取らず、参列者は弔慰のみを伝えることになります。この場合、気が引けるなどの理由で無理に渡すことは避ける必要があり、遺族の意志を尊重することがルールとなります。どうしても渡したいようであれば、供物や供花の形で贈るようにし、特に花はベストな選択となります。